2006年05月22日

イギリスツアー回顧録

出願した各校のインタビューのため会社を1週間も休んで渡英した際の事も残しておこうと思います。

Cambridgeを含め、オープンデー形式で日程調整ができなかった学校が2校あったので、それ以外2校はメールで希望を出し同じ週で空いてる日に入れてもらうよう調整しました。結局そのうち1校は返事が遅く、出発までに返事がこなかったので(めちゃくちゃ怠慢!)、平日5日の間に3校のインタビューという内容になりました。そのうち本命のCambridgeはなんと月曜日でしかも一発目だったのである意味アンラッキー。できれば他校で慣れてから最後に受けたかったですが覚悟を決めるしかありませんでした。前日に到着だと時差ぼけとかから立ち直れないかもしれないので、成田を土曜日早朝出発、ヒースローへ土曜日夕方着の便で飛びました。最後のインタビューは金曜日だったので(オープンデー形式のもう一校)、土曜の昼にヒースロー発。週末が2回移動でつぶれました(その間の子供の世話はまるまる奥さんにお任せ。ホントに申し訳ないことをしました)。

土曜日の夕方にヒースローに着いてから入国審査のところでちょっとしたハプニング。自分の前で並んでた日本人の女の子が審査官となにやらやりとりしてるらしいのだけど、どうも言葉が通じず苦労してる様子。見かねた審査官が次に先頭で待ってた自分を見て、「あんた日本人か?英語しゃべるんか?」と聞いてくるので「ほへ」と答えて通訳をすることに。聞いてるとその女の子、なんと15歳で一人で渡英してきたとか!イギリスの法律でそもそも未成年の一人での入国を許可してないって事でちょっとした問題になってました。その子はどうも短期での語学留学+ホームステイの予定で来てたらしいのだけど、1ヶ月の留学のはずなのに航空券がオープン、手持ちのキャッシュがたった10ポンド(現地での生活費は三井住友の海外用キャッシュカードでいつでもおろせるようにしてあったらしいけど)、学費はすでに支払ってあると言うけどその証明が手元にない、英語を全く話さない、等々、審査官からすると不審点ばかりだったようだ。同じ日本人の立場から見ると極めて普通の子だし、何も怪しい所なんか無いのだが、先方はそんな風には見てくれない。一応自分の見解も交えて、問題ないとは思いますけど?とは伝えたけど納得してもらえず、結局別室移動モードに入っちゃいました(かわいそうに、あの後どうなったのだろうか)。そんなこんなで1時間以上時間がたってたらしく、タイムロスを取り戻すべく急いで移動開始!その日のうちに一気にCambridgeまで移動する予定だったので少し焦ってました。

続きを読む
posted by kensuke at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。