2006年05月27日

山越え近し

渡英準備の中で最大の懸案事項の一つだったマンションの売却に早くも進展が。というのもかなり購入に前向きなお客さんが現れたのです。先方はこちらが提示していた金額よりも低い金額で意思を表示してきたのですが、こちらもその程度のダウンならある程度覚悟の範囲内だったので、OKの返事をしたところ。ということで買い主さんのローン審査等の手続きに入り、無事にOKということであれば契約成立という流れになりそうです。これはかなり精神的なリリーフになります。しかも売却額から今の自分のローン残高を差し引くとそこそこのおつりが。これは留学中の生活費の足しになるのでこれもかなり助かります。無事にこのまま事が進む事を願うばかり。自分の家を手放すのはやや寂しい気持ちがあるものの、前に進むためには必要なステップなのかなと割り切っています。

ちなみに何で賃貸ではなく売却に踏み切ったかというと賃貸の場合の査定賃料が今の毎月のローン返済+管理費・修繕積み立て・駐車場代、等々とほぼトントンだったからです。別に賃貸で利益を出そうと思っていたわけでは無いですが、全く手元に残らず賃料が右から左へ消えていく形になってしまうと、貸す前のハウスクリーン費用、借り手がつかなかった期間の支出、自分たちが再入居する際のクリーニング、等々諸費用を考えるとかなりのマイナス(持ち出し)となる可能性があり、ちょっとおいしくないなというのがあったからです。さらに家財や設備がボロボロになって帰ってくるリスク、喫煙者が住んだ後でコチニンが壁に染みついて子供に受動喫煙させるリスク(自分たちも夫婦揃って嫌煙家)、などなども考えるとさらに気が引けたわけです。それに対し、売却だとまだ築浅なのでいい条件で売れる確率が高く、(実際今回そうなりそうであるように)ローン残高より高く売却できる可能性が高かったからです。そして何よりも海外に行くにあたって身軽になった方が良いだろうというのもありました。海外から固定資産税の確定申告をしたり、賃貸に関するやりとりをやるのも厳しいものがありますしね。

続きを読む
posted by kensuke at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡英準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。