2006年08月23日

夏休みモード

ドタバタしているうちにここの更新もまたずいぶんと間が空いてしまいました。マンションを退去した後は一週間弱ほど妻の実家でお世話になっており、数日前に自分の実家に移住してきて、今はイギリスの田舎生活を始める前の、「日本の田舎生活」をゆったり送っている状況です。

実家への移動直後は東京のマンションから送りつけてあった荷物の整理から始まり、かなりドタバタしましたが毎日ちょっとずつ整理を進めているうちにだいぶ段ボールも減り、落ち着きを取り戻してきました。当初は自分たちが寝る場所すらない状態でしたが結構何とかなるものです。基本的に@実家に置きっぱなしにしておく荷物をまとめて積み上げる、A実家で使う荷物は開梱してしかるべき場所に設置する(これがだいぶ荷物減の助けになっています)、B飛行機で手荷物として持っていくもの&船便で送る予定の荷物を別のところにまとめる、というのが大まかな内容です。仕分けやら整理は9割方終わったので、次に船便業者を呼んでそれを運んでいってもらったらますます荷物は減って良い感じになるでしょう。

実家ではだいたい朝起きてから昼までは上記の作業、昼食を取って子供を寝かせつけたら自分も一休み、夕方は近くの公園に子供を疲れさせに遊ばせに出かける、というのがパターンとなりつつあります。夕方の公園ツアーは人がほとんどいない広いところが近くに沢山あるので、遊ばせるには十分すぎるほどで子供も大満足している様子。大声を張り上げながらそこら中走り回ったり遊具で遊びまくったりして、どろんこ&クタクタになっています。普段なかなか見られない生き生きとした表情が良い感じです。

しかし自然に囲まれた環境ってのはやはり最高ですね。これぞ日本の夏!という雰囲気を結構エンジョイしています。照りつける太陽、ミンミンとうるさい蝉の鳴き声、自然のにおい、東京では見られない特大級のアゲハチョウやらカブトムシやらも見れたりして、自分が小学生だったら間違いなく虫網を片手に毎日家を飛び出していたでしょう。スーツを着ていたら不快以外何者でもないこの蒸し暑さ、立ち位置が変わるとこうも楽しいものか、という感じです。いつもどおり働いていたら絶対味わえないこの非日常をできる限り楽しんでおきたいです。

実家ではほとんどクーラーを使わない生活をしているので、良い機会だととらえてその慣習にならって、寝苦しい夜以外は基本的に自然の風or扇風機だけに頼る生活をしています。おかげで毎日汗だくですが、生涯最高体重を更新していた一時期に比べ早速減量効果がでており、嬉しい限り。渡英までにせめてあとンkg落としたいです。子供を公園で遊ばせながら自分も運動をするようにしているのでここにいる間はこれを続けたいところです。

さてさて、その他の準備はといえば、役所への海外転出届、国際免許、車売却、諸々の契約の解約やら住所変更、国民年金への切り替え、住民税の自動引き落とし化、等々、諸手続も終え、航空チケットも確定、ヒースロー到着後から新居に入れるまでに泊まるホテルの予約、新居の契約、学費、カレッジフィーの払い込み等も終わり、手持ちのポンドもゲットしたし、船便業者を呼びつける以外は何やることはない・・・はず。ドタバタ渡航準備劇はそろそろ終盤と言ったところでしょうか。それはそうとよくよく考えたら授業開始まで一ヶ月切っています。今のうちにヌボーっとできるだけして、授業開始時に備えようと思います(Pre reading全然やってない!)。


突然ですが、最近見つけた気に入ったお言葉。

「安定は死である。安定は幻想に過ぎない。生きているものは絶えず変化している。変化こそ、生きている証」 by カルロス・ゴーン
posted by kensuke at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 渡英準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。