2006年10月01日

The Orchard

やっとおとずれた週末。今日はCambridgeを満喫できた一日でした。天気は幸い晴れ。GrantchesterというCambridgeの中でも南の方にある地域にある、The Orchardというカフェにランチをしに行きました。ここまでの道中がこれまたすばらしい!イギリスの自然を存分に楽しませてくれる最高のサイクリングコースでした。

というわけでどういう道をたどったか絵でお見せしましょう。まず、家を出て南へ向かい5分もすると、とたんに家々がなくなり、こんな道を通ることになります↓(ちなみに我が家は元々シティセンターよりも南西にあります)。左を向くと牛がいたりします。
DSC00820.jpg

すると、こんな開けたところに出てます。そして道をさらにたどっていきます↓。(ちなみに自転車の後ろ姿は妻です)
DSC00825.jpg

すると、こんな↓景色や、新しいヘッダーにもしてしまったような草原が周りを取り囲みます。道に平行して左側にケム川も流れているので、道を外れてそこまで歩いていくと釣りをしている人やアヒルとかがいたりします。例のごとく娘は大はしゃぎ。
DSCN0001.jpg

しばらくここで景色を楽しみ、再び裏道のような所へ入り、そこを通り抜けていくと、
DSC00855.jpg

いったん道路にぶつかり、ついにThe Orchardに到着するわけです。脇目も触れず走り続けてきたら家から15分くらいでしょうか。
DSC00859.jpg

中はリンゴ園をそのままカフェにしたような感じで非常に良い雰囲気。自転車をその辺の木に止めてOKですし、勝手に好きな席を選んでOK。
DSC00862.jpg

ここでサンドイッチとコーヒーを飲んでのんびり時間を過ごしました。どうせなら紅茶とスコーンといきたかったですが、それはまた次回。

その後シティセンターに戻って今度はPuntingをやりました。Puntingとは、Puntというそこの平らな舟を、端に立って長い棒で漕ぐ事を言います。どうやらCambridgeとOxfordだけの名物らしいです。ここに来たら一度はやるべき観光名物でしょう。
http://en.wikipedia.org/wiki/Punting

DSC00903.jpg

実はCambridgeに来て2回目のPuntingだったのですが、初めてやったときは結構ふらついて危険な旅だったのですが、今回は慣れていたこともあり、得意げにやっていたら、棒が沼の底から抜けなくなって危うく落ちそうになりました。やはり油断は禁物。

今日は週末だったのでケム川も大渋滞。観光客やら10月から新学期が始まるUndergraduateの新入生達が沢山いて、お互いおぼつかない操作で何回もぶつかり合ってしまいました。

DSC00915.jpg

これから授業も本格的に忙しくなりますし、何よりも寒くなってこういう事はできなくなるでしょうから今日こういう事ができたのは本当に良かったと思います。天気が良くてなりよりでした。

posted by kensuke at 06:21| Comment(4) | TrackBack(0) | Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。