2006年11月15日

Group Dynamics

River Cam

今週は月曜日にManagement Analysisのテストがあったと思ったら今日はMarketingのケースの提出をしたり(個人的に早く出してるだけですが)、ドタバタしていますが一番気にかかっていたのがこの2つだったのでとりあえずほっと一息。とは言え来週月曜日締め切りのFinanceのケースとCVP(Cambridge Venture Project)の続きなどがあるのであまり息つく暇がありません(にも関わらずブログとか書いてますがなにか?)

これらはMarketingを除いてすべてStudy Groupで取り組むものなのですが、昨日今日で少しチーム内の雰囲気が変わる出来事がありました。というもの、今回のManagement Analysisのテストは筆記試験ではなく、グループ全員である事業の経営判断のアドバイスをMonte Carlo Simulationの結果を基にCEO、CFOにプレゼンテーションする、というミーティング形式でやったのですが、このプレゼンテーションのあり方について、メンバー2人の間で意見が分かれ、軽いconflictが起きたのです。

ミーティングは最初の2分はまずこちらがピッチをかけて、残りは質疑応答という条件付きでした。2分というとあっという間だと思いますが、いつも見せ方重視のインド系イギリス人Nはきっちりパワーポイント形式で、本物のミーティングらしくイントロから入ってそもそも論から説明して・・・という形式を推していました。反面効率重視の台湾系アメリカ人Dは、そんなのは評価の対象にはならないんだから、時間もないことだし、いきなりテクニカルな内容をぶつけて評価の対象になりうる中身を重視すべきだ、という考えを持っていました。この方向性を事前に固めきっていなかったのも問題だったかも知れません。テスト前日の日曜日はみんなで夜の11時まで問題を解いて、その後Nは居残ってプレゼンを仕上げてくれました。ところがDはそれをメールで受けた後、朝の5時までかけて自分が思う形式に中身を変えて、次の日(テスト当日)自分のsuggestionとしてみんなに持ってきました。自分たちのグループのテストの順番は正午前からだったので直前も朝2時間ほど集まって最後の仕上げに取りかかっていたのですが、それを見たNは当然反論、Dも意志を曲げずで考えは平行線をたどるだけ。時間が差し迫っていたこともあったので、全員で話し合って結局折衷案を採ることにしました。ビジネス的な内容は大幅にスライド数を減らすと同時にテクニカルサイドの内容もいくつか削って、更にプレゼンするスライドとそうでないスライドに分けておきました。他のチームメンバーから見るとベストなソリューションだったのですが、それぞれ自分のスタイルに思い入れのある当事者2人は妥協案に過ぎず、どちらも満足していなかったでしょう。

その後テストは無事?終了。でもやはり内容に納得のいっていなかったDは終わった後、メンバーの1人に満足していない旨を伝えていました。それを伝え聞いた残りの我々は、どうやら怒ってるらしいぞ、ということに。それを知ったNは更にupsetに。まさに悪循環です(笑)。Dは結局今日のチームミーティングにも顔を出してこず、残り4人の間で、これは一度みんながそろってる中でそれぞれお互いについて思ってることがあったら全部話し合ったほうがいい、みたいな話にまでなってしまいました。さらにメンバー内では一番Dと仲が良いと思われる自分が探りの電話をいれることにまでなりました(明日また集まる予定だったのでその連絡も兼ねて話したところ至って普通の様子ではありましたが)。

明日のミーティングはあくまでもFinanceとCVPが名目ではありますが、「実際の所どーなんよ」的な話が大半を占めそうです。どうなることやら。いやー、Group DynamicsがメイントピックであるManagement Practiceのテストのネタはこれで良いのができましたけどね。
posted by kensuke at 07:34| Comment(4) | TrackBack(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。