2007年02月25日

Wiiの戦略を考える

Clare Bridge

突然ですが任天堂のゲーム機WiiでMSXのゲームが遊べるようになるみたいです。
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070223/vc.htm

この記事を見たときは体が反応をせずにはいられませんでした(笑)。なんせ自分は思い切りMSX世代で、BasicとMSX版Ysシリーズとかにどっぶりハマって育った口ですので。任天堂のHPをみたら他にもファミコンからPCエンジン、NEOGEOとかまで幅広く昔のものが遊べるようになっているみたいです。全く知りませんでした。これは面白いと思いWiiの戦略について考えてみました。

Wii、PS3、X-Box360の三つどもえ体制になってからはそれぞれ独自色が強くなり、以前の世代よりもdifferentiationが目に見えてわかるようになった気がします。Wiiは明らかに子供から大人まで、ゲーム初心者も含めた幅広い層をターゲットにしているのに対し、PS3は最新技術を全面に推しだし、18歳〜20代後半の独身あたりのコアユーザをターゲットにしてるのがわかります。3社のシェアは先日FTにも載っていましたがWiiが68%、PS3が25%、X-Boxが7%でいつの間にかずいぶん差が開いているみたいです。

自分(家族のいる30代)の観点から見た3つのゲーム機の印象はこんな感じでしょうか。

【Wii】
@操作が簡単そうだし子供とも一緒に遊べそう。購入を検討するとしたら妻も多分これなら承認しそう(笑)。要は家族全員でも遊べそう。
AMSX始め昔のゲームで遊べるというのは非常に興味をそそる。
B比較的価格も手頃で手に届きやすい。そう言う意味では敷居が低い。

【PS3】
@クールなイメージもあるし、高機能なのでリアルなゲームとかで遊べそう。ブルーレイディスクは魅力。従来のゲーム機のありかたを超えた領域に入りつつある印象。
A技術が先行しすぎてソフトメーカに負担がかかってはいないか?コスト的にもソフトメーカが果たしてどれだけコンソールのポテンシャルを引き出すソフトを継続的に作れるのか疑問が湧く。
B高機能なのは素晴らしいが、ゲームの中身があまり複雑になってくると取っつきにくいし、この年になると面倒になってくる(笑)
Cブルーレイディスクプレーヤとして見たら安価で良いかもしれないが、まだHD-DVDとどちらが市場リーダーになるか見えない状況では購入を後押しする要因には(まだ)なりにくい。更にその場合多分自分は単体プレーヤを買う(その時はSonyで!)。
Dターゲット層の割には価格が高め?

【X-Box 360】
@あまり印象がない(申し訳ない)。どっちかと言えばPS3に近いスタンダードなゲーム機?価格も特段安いわけでもない。
ACost LeaderでもないしDifferentiatorでもないし、「Porter's U-Shaped Curve」で言うところのStuck in the middleというやつでしょうか。特段買う理由を見つけられない(いやホント申し訳ない)。Microsoftという冠がなかったらどうなってることか。

限られた情報や知識を元に独断と偏見に満ちた見方を書いてしまいましたが、なんとなくこのイメージがシェアにそのまま反映してるような気もしないでもないです。

レトロなゲームで遊ぶことができる機能を追加した任天堂の戦略は非常にうまいと感じずにいられません。3つのなかで小さな子供が一番取っつきやすいのは間違いなくWii。その財布を握っているのは当然その親である我々の世代。その世代に訴えかけるように懐かしのゲームのラインアップを揃えてある。売れないわけない気がします。この懐かしのゲームが遊べるバーチャルコンソールがどういう仕組みになっているかまでは詳しく知りませんがもし任天堂にしか出来ないのであれば非常に大きな強みです(いやファミコン系のソフトは任天堂しか扱えないから過去の資産を生かした独自の強みと言えそうです)。PS3とかでも似たようなことをやるのはもちろん技術的には可能なのでしょうが戦略イメージに合わないのでやらなそうです。あとWiiの親しみやすさでいうと、マリオを世代を超えたマスコットキャラクターとしてうまく使っている気がします。他のゲーム機には見られないアプローチではないでしょうか。

ここで湧いてくる疑問が一つ。果たしてWiiはBlue OceanなのかDifferentiatorの一つなだけなのか?PS3と比較する戦略キャンバスを作ったら結構違うグラフが出来そうな気がします。従来のゲーム機と違い、ターゲットオーディエンスも違えば、ユーザとのインターフェースとなるコントローラーの形も大きく変えたし、バーチャルコンソールで追随を許さない独自色を打ち出し、技術力一辺倒でなくわかりやすさ・使いやすさに重きを置いているし。ファミリーエンターテイメントの手段として見るとCompetitorの絵も変わってきそうです。ん〜、自分はBlue Oceanに一票でしょうか。
posted by kensuke at 08:46| Comment(6) | TrackBack(2) | 雑感・独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。