2007年04月21日

Copenhagen

Nyhavn

投稿が遅れたため遡っての話となりますが、先週の金曜日から日曜日にかけてコペンハーゲンで過ごしてきました。月曜日からのスウェーデンでの仕事の前にちょっとした休みとしての小旅行でした。ガイドブック等は一切持たず、情報も少なかったのですが、ウェブで調べて知ったとりあえず見所っぽかったところをさらっと回ってくる感じの旅でした。

Mermaid

朝7時の飛行機に乗って現地に9時半着(時差一時間)、11時前にはシティセンターにたどり着くことが出来ましたが(近い!)、まずはStroget(ストロイエ)という歩行者天国となっている長い道を観光。そこにあったオープンカフェで昼食を取りました。その後、何がどこにあるかを知るのも兼ねて、ケンブリッジにもある赤い二階建ての観光用バスに乗り、街を一周してみました。上の写真はそのツアーの途中でみた有名な?アンデルセンの人魚の像です。ちなみにこの像、シンガポールのマーライオンに次ぐ「世界三大がっかり」の一つだそうです(笑)。


衛兵交代

その後マーブル教会という丸い巨大な教会を見に行きましたが、その前のアメリエンボー宮殿の広場でミニ衛兵交代が展開されていました。

Marmokirken

そしてこれがマーブル教会。周りの建物とは明らかに異彩を放っていました。中もかなり神秘的な作りになっていました。

Marmokirken

Marmokirken

Marmokirken

トップの写真と下の写真はNyhavn(英語でNew Harbourらしいです)と呼ばれる一角ですが、カラフルな建物がずらっと並んでおり、情緒あふれるヨーロッパらしい雰囲気を醸し出しています。地元の市民にとってもここは憩いの場となっているらしく、朝から夜まで常にすごい人でにぎわっていました。特に夕方はビールを片手に語らいでる人たちでごった返し、通り抜けるのに一苦労するくらいになります。

Nyhavn

ここは良いレストランも沢山並んでおり、自分たちも2,3度お世話になりに来ました。たまにアコーディオンとギターの奏者がやってきて近くで演奏をしてくれたりしますが、それがまた非常によい雰囲気を作り出してくれていました(もちろんその後チップをせがみに来ましたが)。ここに来て驚いたことは現地の人たちのビールの摂取量。イギリスのパイントグラスほどの大きさのビールグラスを2人で20杯近く空けている人とかを幾度も目にしました。空のビールグラスで埋め尽くされた丸いカフェテーブルを挟んで話し込んでる様子はある意味異様でした。

Canal Tour

2日目は舟に乗ってCanal Tour。1時間ほどのツアーなのですが、狭い川の中をぐんぐん入っていき、住宅街や観光名所を見上げるようにして見学。途中、立ち上がったら頭をぶつけてしまうくらい低い橋の下を何度もくぐったりとなかなか迫力のあるツアーでした。

Canal Tour

Canal Tour



その他の見所としてはローゼンボー城も見学してきました。この城は1606年に建てられ、主に王室邸宅として使われていたみたいです。ここでの主な見所はやはり王冠でしょうか。厳重なセキュリティーに監視されながらの展示がされていました。

Rosenborg Slot

Rosenborg Slot

Rosenborg Slot

Rosenborg Slot

旅行はあっという間に終わり、日曜の夕方には家族はイギリスに戻り、自分はスウェーデンのLundへ向けて移動していきました。短い間でしたが、総じて感じたのは、先のビールの件以外にここの人たちは誰もが非常に綺麗な英語をしゃべると言うこと(フランスとかとは大違い!)。そして雑貨や家具など、洗練されたデザインのものが沢山ありセンスが良いと言うこと。それから物価は高いですが治安が非常によい、ということあたりでしょうか。ここはまた絶対戻ってきたい街の一つです。
posted by kensuke at 09:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。