2007年05月07日

初得点!



土曜日はClare CollegeとのサッカーのFriendly Matchがありました。MBATに向けた練習のためにこちらから先方にお願いしていた試合だったのですが、本当のリーグ戦ではないので和やかな雰囲気になるかと思いきや、意外とラフプレーも多く激しい展開でした。この日の試合はMBATに参加しないことを決めているメンバーに加え、所用で来られないメンバーなどが続出し結局9人しか集まらず、相手に2人選手を借りて行うというていたらくでした(最終的に10人集まって計12人になりましたが)。最初から交代はナシでフル90分出ることが分かり切っていたので、元々ない体力を更にセーブしながら(手を抜きながら?)やっていました。

相手はDivision 1で4位をつけていた強豪チームなのでぼこぼこにされるかと思いきや、意外なことに2−1で快勝してしまいました!もちろん相手はメンバーを落としてきていたとは思いますがかなり嬉しい結果です。更にはついに自分も初得点を決めることが出来、個人的にも非常に嬉しい試合となりました。前半味方FWの活躍で1点先制し、後半にPKを取られて追いつかれ、そのまま終わるかと思っていた後半87分くらいで、味方のセンタリングをなんとか頭で押し込み、それが決勝点となりました。元々苦手意識のあるヘッドだった上に厳しいマークがついていたので、とりあえずがむしゃらにジャンプしたらうまく当たっていたみたいです。ヘディング直後にボールの行き先を探すとちょうど相手ゴールの右隅に飛んで行っており、相手キーパーも追いつけず、ゴールネットを揺らすことが出来ました。下手の横好きで、試合に出させてもらえてるだけありがたいというくらいのレベルにもかかわらず、何か形の残る結果を残せたのは非常に嬉しいです。MBATに向けて良いイメージが残せました。

ちなみにこの日はその後、クラスメイト数名でまぁるいインド人NのSt.Catzのカレッジ寮に遊びに行ってチャイティー(激うま!)&インド菓子をご馳走になり、更にその後はDarwin Collegeで行われたケンブリッジ在住の日本人写真家・志村博さんの講演を聴きに行きました。これは毎月行われている十色会(といろかい)という日本人会のイベントだったみたいです。というわけで十色会も初参加ということになりました。この日の志村さんの講演はケンブリッジの32年間というテーマで、30年前の街の様子や、ベッドレースや御神輿などの変わったイベントがあったときの話、大洪水や大雪が降ったときの話などを動画や写真を交えて紹介してくれました。当たり前ですが当時の街並みが今とは少し違う中、King's Collegeなどは全く変わらぬ姿をしていました。この講演、みんなが静かに聞いている中、娘が構わず騒いでいたためにかなり肩身の狭い思いをしてしまいました。なので途中で休憩時間となったときにそそくさと帰ってしまいました。またこのような機会があったら今度はじっくりお話を聞いてみたいものです。
posted by kensuke at 06:56| Comment(6) | TrackBack(0) | Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。