2007年05月17日

Château de Versailles


(Photo by Eric Pouhier, 2007)

パリ2日目は日本人同級生のIさんファミリーと一緒にヴェルサイユ宮殿へ足を運びました。ここは2度目ですが以前来たのは遙か昔だったため、鏡の間などの印象的な空間以外はほとんど記憶から消えてしまっていたので、改めて良い観光となりました。ちなみにこのトップの写真は借り物です。行ったときは天気が悪かった上に正面が工事中だったので外観は撮りませんでしたので・・・。


↑宮殿内のオペラ劇場。1753年〜1770年にかけて建築されたそうです。ん〜Fish Eyeレンズが欲しくなる空間。

あまりに有名な世界遺産ですし、情報もいくらでもあるのであえてここで書く必要もないのでしょうが、ヴェルサイユは1682年にフランス王ルイ14世が建てたパリの南西22キロに位置する宮殿です。もともとはルイ13世が狩猟の館として建てたものですがルイ14世が建築家のル・ヴォーを招いて宮殿としたそうです。ルイ14世をはじめとした王族と、その臣下が共に住むこの宮殿では生活のすべてが絶対王政の実現のために利用されたため、結果ここでさまざまなルールやエチケット、マナーが生まれたとのこと。現在の洋食における席次・テーブルマナーも、ヴェルサイユ宮殿で開かれていた王と貴族が出席する晩餐会に由来し、フランス料理と共に世界中に広まったみたいです(Wikipediaより抜粋)。



ところでここの観光はベビーカーを引いている我々子連れファミリーには厳しい場所となりました。というのも宮殿の門をくぐってから入場するまでに激しい石畳の上り坂が待っており移動に苦労したのと、宮殿内はベビーカーを利用しながらの見学はNGだったので、結果的に自分とIさんが見学している間に妻とIさんの奥さんが子供達を見て、その後交代して順番に中を見学する羽目になりました。まぁ実際にアップダウンが激しかったのでベビーカーでの見学は確かに無理でしたが。



というわけで時間をかけないよう、ろくに音声案内も聞かずにとりあえずさくっと見ながら写真だけ撮りまくって回るという感じのツアーとなりました。とはいえ予備知識や音声案内による情報等がなくても充分楽しませてくれる(圧倒される)ゴージャスぶりでしたので満足でした。


↑鏡の間。第一次世界大戦後にドイツとの講和条約であるヴェルサイユ条約が調印された場所だそうで。当時は儀式や外国の賓客を謁見するために使われていたみたいです。

IMGP4808.jpg
↑妻となるジョゼフィーヌ・ド・ボアルネに自ら冠を授けるナポレオンの絵



この日はあいにくの天気でしたが翌日のMBATに向けて(疲れはしましたが)良い観光が出来ました。MBATはこのVersaillesから二駅の所にあるHEC(アシュウセィ)という大学のキャンパスで行われます。
posted by kensuke at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。