2007年05月28日

Pembroke Formal


Pembroke Collegeのエントランス近くの中庭

土曜日にPembroke Collegeでクラスでのフォーマルディナーがあったので夫婦で行ってきました。正確に言うとクラスでのフォーマルディナーを行うためにPembrokeを貸し切りにしてもらったと表現した方が良いかもしれません。MBAのクラス全員+ゲストという形でこのようなパーティをやるのは最初で最後だと思うので良い思い出となりました。



フォーマルの流れですが、この日もそうでしたが通常はこんな感じです。パーティの前に会場の外(今回はカレッジの中庭)で待っていると、いきなりゴーン!と銅鑼を鳴らされ、中に入って良いという合図をもらいます。そしてぞろぞろと中に入り自分たちの席に座ります(席に自分たちの名前が書いてあり、すでに決まっている場合もあれば好きなところに座って良い場合もあります。今回は席順は自由でした)。Pembrokeの食堂は長テーブルが3つ並んでいる形式でややハリーポッター風です。

しばらくするとまたゴーン!と銅鑼が鳴り、床が一段高いところにあるハイテーブルに座るフェロー達(要はそのカレッジの偉い人たちです)が入場してきます。その時は我々平民は起立し、フェロー達がそれぞれの席の前につくのを待ちます。その後、ラテン語でゴニョゴニョと呪文が唱えられ、着席の合図が出ます。そうしてようやく食事が開始となります。ここでのルールは、フェロー達がいる間は席を立っては駄目&写真撮影も駄目。おとなしく行儀良く食事をしなければなりません。通常でしたらそのルールは守られるのでしょうが今回は周りのみんながクラスメイトということもあり、まったく緊張感がなかったのでみんな構わず写真を撮ったりしていました。前菜とメインが出て、それらを食べ終わった頃にもう一度銅鑼が鳴り、フェロー達が退場します(この時も起立)。そうなると何をしても良い自由時間となるのでみんな一斉に席を動き回り、写真を取り合ったり遠い席に座っている仲の良いクラスメイトと言葉を交わしに行ったりと一気に騒がしくなります(自分も動き回って写真を撮ってしまいました)。



そんなこんなであっという間に2時間が過ぎていってしまいます。ディナー後はOld Libraryという部屋に移動してクラス代表のイギリス人Aなどのスピーチとかが行われいましたが、我々は子供を迎えに行かなければならなかったので途中でそそくさと退散しました。

これに参加するに当たって娘を預かってくださったChurchill Collegeの日本人Aさん夫妻には大感謝です。またこの日はあいにくの雨。こんな中Churchillまでの送り迎えを車でしてくださったIさん夫妻にも大感謝です!
posted by kensuke at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。