2007年06月09日

電力のワイヤレス転送



Technobahnというニュースサイトでこんな記事を目にしました。

-----
MITの研究グループ、電力のワイヤレス転送実験に成功

【テクノバーン 2007/6/8 14:08】米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究グループがワイヤレスで電力を伝送し、約2 メートル離れている場所に設置した60ワット白熱電球を燈す実験に成功したことが、7 日、雑誌サイエンスに掲載された論文によって明らかとなった。

電力のワイヤレス転送の技術はこれまでも多数の研究者によって実験が行われてきたが、ワイヤレスの指向性を確保することが難しく、実用的に十分な電圧を送信することは困難だった。

この実験を行ったのはMITのMarin Soljacic教授を中心とする研究グループ。この電力のワイヤレス転送装置のの転送効率は今のところは、40〜45%。つまり、ワイヤレス転送の過程で半分以上の電力が失われる計算となる。Soljacic教授はこの倍の効率を確保できれば携帯電話などのような小型のデジタル機器への電力転送などでは実用化は可能ではないかと述べている。

-----

おお、ついに来たか!という感じです。通信やオーディオのワイヤレス転送が出来たんだから電力も何とかならないものかとずっと思っていたのですが、これが実現されたらきわめて便利な社会が訪れるでしょう。携帯もiPodもわざわざ充電のために充電器に装着する必要もなくなるし、ノートPCも電源ケーブルをつなげずに充電しながら利用可能。ランプもコンセントの場所を気にせず場所を移動できるし、テレビもオーディオもしかり。うーん、素晴らしい。IT革命の次は電力革命でしょうか。実用化されたら電力業界のみならずエレクトロニクス業界も大きく揺れることになりそうです。新たなビジネスチャンスかも?
posted by kensuke at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感・独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。