2007年06月23日

遙かなるケンブリッジ



藤原正彦著の「遙かなるケンブリッジ」を今更になって読みました。今更ではありますがそれで良かったかもとも、読みながら感じました。というのも文中に出てくるParker's PieceだとかLamma's Landだとか数々の地名がどこを指しているのかきっちりわかり、入り込みやすかったというのと、何よりも自分自身の今までのここでの経験と照らし合わせながら読み進めることが出来たからです。このエッセイは数学者の筆者が一年間Visiting Scholarとしてケンブリッジに研究しに来た時の経験を書いているものですが、研究員の目から見た大学やカレッジの様子だとか、Fellow達の世界の話だとか、一学生をやっていては知り得ない事が多くちりばめられており中々面白い内容でした。

中で筆者はレイシズムや家族のこと、イギリスやイギリス人についてまで広く触れていましたがこれらは「激しく同意!」という感想を抱きました。ただレイシズムに関して言えば、今回の留学中一度もそれを経験しなかったので半ば拍子抜けしたのと同時に「MBAのクラス」というコンテクスト、あるいは元々世界中から人が集まってくる「ケンブリッジ大学」という枠組みがかなり特殊で、かつ守られた世界であるのだろうと感じています。というのもオーストラリアに住んでいた際、特に現地の高校に通っていたときは激しいアジア人差別を体験し、「白人はアジア人を差別するもの」という図式が体にしみこんでいたのですが、少なくともMBAのクラスメートや知り合った大学関係者の中ではそのような人は誰一人といませんでした。これはそのような行為をしない人格者が集まっていて恵まれていたからだと思います。これが一般社会に出るとそうはいかないでしょう。イギリス人同士でも階級差別があり、外国人に対しては、かつて世界の1/4を支配した大英帝国時代のプライドからか、有色人種だけに限らず見下す傾向があると聞きます。イギリスに住んで一年近くになり、何となくイギリスの事を知ったようなつもりでいたりしますが、実は守られた世界の一面を見ただけに過ぎないのだろうなと感じたりします。

「家族」に関しては、筆者は学校で息子さんがいじめにあった話などを書いていますが、その最たる原因はやはり言葉。周りの言葉が全くわからない所に放り込まれた息子さんはさぞ辛い思いをしたことでしょう。もうすぐ3歳になる自分の娘も週三日だけナーサリー(保育園)に連れて行っていますが、最初は「ナーサリー」という言葉を聞いただけで号泣するほど嫌がっていました。ストレスからか爪をかむようになったり、やりきれない気持ちの矛先を妻に向けていたりした時期がありました。今でこそ怪しいながらも英語をしゃべるようになり、友達も出来て自ら進んでナーサリーに行きたいと言い出してくれるようになりましたが、そこに到達するまでかなり辛い思いをさせてしまったのかもと考えると少し気が重くなります。また妻に関しても、最初は友達も頼れる人も誰もいない、何か見えない疎外感みたいなものを感じホームシックになるような時期を経験させてしまいました。同じく今でこそ多くの友人に囲まれそれなりにここでの生活をエンジョイできるようになったみたいですが、それも限られた時間の中の話。我々と同じく卒業と同時に皆また次の場所へ移動していってしまいます。いったいどれだけのものが残るのか。自分自身は自分の意志で留学しに来ているからともかく、家族に関しては、ここでしか経験できないことをできたプラスの面もあればやはり陰の側面もあることは否めません。楽しいことばかりでない中一緒にいてくれるだけで感謝と言うところでしょうか。

イギリス人の性格については筆者は内気、シニカル、現実主義と書いていましたが笑ってしまうくらいその通りな気がします。内気というより人との距離の置き方が他国より大きいと表現した方が良いでしょうか。これについてはイギリス人のクラスメートと話したことがありましたが、彼らも認める一面のようです。確か「アメリカ人とかであれば人に話しかけるか、かけまいかという状況では迷わず話しかけるだろうが、イギリス人の場合は、話しかける事が失礼だったらどうしよう、何か間違えたことをするよりは何もしない方が良いから何もしない、と考えるのだ」のようなことを言っていたのが印象的でした。またシニカルな一面に関してはそれを前面に押し出しまくっているイギリス人クラスメートがいるので実証済みです(笑)。

イギリスが好きか嫌いか、と聞かれたら「好きだ」と答えると思います。今まで嫌な体験をしていないから、というのもありますが、仮に例えばレイシズム絡みで何か嫌なことを体験したとしても、過去の経験から、「ああやっぱり」と流せそうな気がします。天気も悪く、飯もこの上なくまずいですが、それ以上にこの国には何か惹きつけられる懐の深さや歴史の重みを感じます。緑もこの上なく綺麗ですし(笑)。ガイジンとしての疎外感みたいなものはどうあがいても取り除くことは出来ないのでしょうが、出来るものなら長く住んでこの国をもう少し理解してみたいものです。
posted by kensuke at 08:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑感・独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。