2007年07月18日

Individual Project



MBAのレクチャーが全て終了して早一ヶ月。就職活動はしていたものの最後の卒論(IP)に関してはほとんど手をつけておらず怠けていましたがようやく始動し始めました。もともと「MBAなのになんで卒論があるんだろう」という意識が根底にあったというのに重ね、今回のsupervisorがかなりイケてない先生になってしまったために気合いが抜けきってしまったというのが正直あります。卒論を書くことに時間を費やすのであれば別のElectiveを授業として受けるか、CVPやGCPみたいなhands onのプロジェクトに従事したかったところですが(であればインターンでもやれば?と言われればそれまでですが)、一応MBAも学位ですし仕方ないところなのでしょうか。Supervisorもお目当ての先生方が全部NGとなってしまい(自分のアクションが遅かったことが最たる原因です)、自分が今回トピックとして選んだ事は専門外の先生にお願いせざるを得なくなりました。

IPのトピックは携帯業界におけるブランド・マネジメントにしました。ややGCPの延長でもあります。日本はオペレーター様様の垂直統合型な構造になっていますがGSMネットワークのマーケットに於いてはその限りではありません。端末メーカーもそれなりに力を持っており、端末メーカーのブランド戦略とオペレーターのブランド戦略が1つの製品(端末)に乗っかってきます。強いブランド力を持った2社同志の場合は互いに自分のブランドを前面に出したがるのでどこまでcustomizationをするかが焦点になったりしますが、なんだかんだオペレーターの方が発言権が強いみたいです。いずれにせよCo-Brandingが戦略的な選択肢の一つとしてではなくmustとなっている、かつ、どの会社も皆同じ事をやっている、というコンテクストに於いて効果的なブランド戦略とは?みたいなことがテーマの一つ。それから携帯端末が他の携帯機器(音楽、テレビ、ゲーム等々)と融合していき、社会や生活の中の位置づけが変わっていき、今まで別業界だと思っていたcompetitorsと戦わなければならなくなるであろう今後において、エンドユーザを有利にcaptureできるブランド戦略とは?みたいなのがもう一つのテーマです。これについては主にBrand Extensionについてがメインになりそうです。メジャーな携帯端末メーカーで言えば、Nokia、Motorola、Samsungのトップ3は単一ブランドで幅広いプロダクト・ポートフォリオを展開しているのに対し、業界4位のソニーエリクソンはWalkmanやCyber-Shotなどのサブ・ブランドをうまく利用しているのが対照的です。Brand Extensionの観点で見れば他業界のコンシューマーグッズのブランドを併用しているソニーエリクソンが最も有利と言えそうです。

最終的に結論として書くことが決まっておらず、模索しながら始動始めてしまったわけですが、おかげで先行きがどうも不透明で落ち着きません(笑)。

それはさておき所用で明日より日本に一週間ほど一時帰国!久々にゴミゴミしたあの都市に戻ることに。日本は暑いんでしょうか。なにはともあれ、何が楽しみって寿司と焼き肉とラーメンが久しぶりに食べられることとサッカー日本代表のアジア杯決勝トーナメント(vs Australia)が見られること(笑)。オシムジャパン初テレビ観戦となります。・・・って本来の帰国の趣旨と全然関係ないことばかりに目が行ってしまう。いかんいかん。
posted by kensuke at 07:05| Comment(4) | TrackBack(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。