2006年09月30日

Cambridge自転車事情

DSC00548.jpg

こっちの自転車事情について感じていること。

1)きちんと管理されていないので何でもアリ

日本で自転車を買ったら必ず500円かそこら払って警察登録して番号の書かれたシールを貼られますが、こっちは特にそう言う慣習はありません。新品で買った場合は任意で警察に出向いて登録をしてもらうことはできるみたいですが、基本的にそう言う意味での「管理」がなされていないので何でもアリのようです。要は盗難にあったらそれまでですし、不要となったぼろぼろの自転車がそこら辺で平気で放置されていたり。サイクルショップは新品のほか中古自転車も非常に沢山売っていますが、はっきり言って放置されている自転車を回収して売っても誰もわからないでしょう。それくらいアナーキーな印象を受けます。盗難を追跡できないという状況から、ここではどうしてもきれいで新しいものにこだわらない限り中古を買った方が得策のようです。

2)クオリティが低い

新品だろうが中古だろうが平気ですぐいろんなところが壊れます。うちでは自分と妻のためにそれぞれ一台ずつ買ったわけですが1ヶ月たっていないのにも関わらず、すでにパンクだのねじが外れただのという憂き目にあっています。自転車屋はさぞ儲かっていることでしょう。本体の販売以外に修理代も結構な収益源になっているはずです。

3)自転車は車と同じ扱い?

車と同じというよりか原チャリのような扱いと考えた方がしっくり来るでしょうか。日本では、基本的に車の多い通りとかで道路を走るという習慣はないと思いますが、基本的にこちらでは車同様、どこでも道路を走らなければなりません。たとえば片道二車線の道を走っており、交差点で右折したいときは右のレーンに移り、車と同じレーンを走って右に曲がっていかなければなりません。信号が赤であれば車と一緒に止まって待たなければなりません。左右に曲がるときは手を横に伸ばしてサインを出さなければなりません。日本に比べ、自転車はかなり道路上で市民権を得ているみたいです。というよりは、日本も厳密には自転車は道路を走らなければならないという規定があるのにもかかわらず曖昧になりすぎていると捉えた方が正しいでしょうか。大きな通りでこちらのように道路を堂々と走っていたら間違いなくクラクションを鳴らされてしまうでしょう。

ただ、これが慣れないと非常に怖いのです。特に娘を後ろに乗せて走っているときは、すごい速度で走る車がすぐそばを走り抜けていく度に冷や汗ものです。これでも今はだいぶ慣れた方ですが、まだRoundaboutでの右折は肝を冷やします。ただ車のドライバーもそう言うときは危険のないように、やや気を遣ってくれているらしいのは伝わってきます。

これはいわばルールやマナーみたいなものだと思いますが、地元のイギリス人は非常に徹底されており、また慣れた感じであちこち走り回っていますが、この習慣のない外国人(我々のような海外から来る学生を含む)はやはりそうでもありません。歩道を平気で走りますし、道路と言っても逆のレーンを走っていったりしているのを良く見かけます(自分も良くやってしまいます)。今まで自分も「ここは歩道だぞ」とか「逆を走れ」とか2,3回注意されたでしょうか(苦笑)。

4)じいさんばあさんもマウンテンバイク!

これは最初笑ってしまうくらい驚きました。白髪でシワだらけのおばあちゃんがマウンテンバイクに乗って颯爽と横を駆け抜けていくではないか!ロードレース用の自転車に乗っているおじいさんも見たことがあります。どう見ても腰に悪そうですが。とはいえここでは自転車屋で売っているのはほとんどマウンテンバイクかツール・ド・フランス系なのでそれが当たり前なのかも知れません。自転車の王様「ママチャリ」はこちらではかなりマイノリティーのようです。利便性、乗り心地とかにおいてはママチャリの右に出る物はないと思うんですがね(ビジネスチャンスか?!)。

ところでCamgridgeには自転車の名物おじさんがいます(勝手に名物に仕立て上げているだけですが)。というのも、ハンドルにスーパーのビニール袋をかけ、その中にラジオらしき物を入れて音楽をガンガンにかけながらほぼ毎日シティセンターのあたりをグルグルと回っているロン毛のホームレスらしきおっちゃんがいるのです。街を歩いていて、「あ、いた」と思ったらしばらくしたら同じ方向からまた現れたりします。一度彼の一日を追ってみたいです。

まだまだ思うところは多々ありますが今回はこの辺で自粛しておきます。
posted by kensuke at 05:33| Comment(3) | TrackBack(0) | Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、イギリスにママチャリがあったらなぁ〜とよく思ったよ。ほぼ全部マウンテンバイクみたいなやつだから(ビジネスチャンスですよ!?)
しかもロンドンは徹底して歩道を通るバイカーはいないので、どんなおしゃれな服着た人も必ずヘルメットかぶってます。
それから盗難されないように、駐車した後に、ハンドルやサドルを抜いて持ってく人もたくさんいます。タイヤ取ってる人もいた。
でもケンブリッジ環境がいいから、サイクリング楽しめそうだね。
しかし、写真見てても絵になるねーやっぱり、美しいわっイギリス!
Posted by sao at 2006年10月01日 21:33
止めた後にタイや持って行くって・・・^^;
でも盗難率は結構高いみたいだし、警察登録は絶対デフォルトにしたほうが良いと思う。
Posted by kensuke at 2006年10月05日 21:39
私はアメリカにいた時にMTBを持ってたんだけど、2000ドルくらいするいいヤツを買ってしまったので、サドルも盗まれないように、コードぐるぐる巻きでロックしてたよ〜。サドル盗まれたら、永久に立ちこぎ!?
Posted by チビラーシカ at 2006年10月06日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24645202
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。