2006年10月23日

Bad Aftertaste

Trinity College

今日はサッカーの大学リーグの2週目の試合をEngineering Departmentとやりました。あいにく天気は曇り時々雨。試合結果は2-2。悪くはなかったですが、中身を見ると特に後半はいまいちだったでしょうか。前半はチリ人ストライカーRの活躍で2点取ったのですが、後半80分くらいの2,3分の間にオウンゴールて失点したと思ったらすぐ直後に同点ゴールを決められ、あっという間に勝ちを逃してしまいました。

しかし今日は2つの意味で非常に後味の悪い日でした。1つは試合の中の自分のイケてないプレー(ちなみに今回も右MF)。2つは相手チームの品格のなさです。1つ目は、初心者だから仕方ないと言えばそれまでですが、先週に続きトラップミスだの誰もいないところへの安っぽい意味不明なキックなど、最悪なプレーをガンガン展開してしまいました。そして何よりも運動量のなさ。逆サイドで攻めあがっているときに自分もあがっていればフリーでボールをもらえるチャンスが出来るところに居れない自分。相手が攻めているときに自分がマークしてるはずの選手に易々とマークを外され、自由にプレーをさせてしまうふがいないディフェンス。結局たいしたことも出来ないうちに消耗し、前半が終わる前に交代してしまいました。

後半残り10分くらいで今度は左DFで再出場したのですが(基本的に交代は何回でもOKなフットサル的ルールなのです)ポジショニングがいまいちわからず。味方とのマークの受け渡しは今後も非常に大きな課題として残りそうです。しかし、MFって大変ですな。攻めてるときはすごい距離を前に向かって走らないとならない、逆にそこで取られたら、自分サイドの相手MFがフリーになるので、味方の右DFが一人で対応仕切れないヤバい状況が出来てしまう。とは言えそんなに何度も長距離をダッシュして行ったり来たり出来ない。結構なジレンマです。右DFとセンターMFともっとうまく連携しないとならないでしょうが、リーグが終わるまでにはサイドMFとはなんぞやらの何かをつかんでおきたいです。

そして2つ目。前回の試合もあまり気持ちいいものではありませんでしたが今回はさらに気分の悪いものでした。試合中のヤジはまぁともかく、ピッチの外でのマナーの悪さというか、試合後など人格を疑う行為も見受けられ、こいつらこれでもケンブリッジのマスターなのかよ!と言う感じです。全員とは言いませんが、態度はその辺のフーリガンレベルと言っていいでしょう(いいすぎ?)。日本では、車に乗ったら人格がかわる、なんて良く言いますが、イギリス人はピッチにたったらそうなるのでしょうか(帰りにチームメートとそんなジョークを交わしながら帰りました)。

というわけで今日はモヤモヤした日でした。帰りは土砂降りの中傘もささずに自転車で帰りましたが、その天気がまさにそのときの自分の気持ちを表現してくれていたような気分でした。

来週こそは!・・・とその前にまた明日はFinanceだったorz
(なんのブログなんだ?)
posted by kensuke at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感・独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、あのGKはundergradですね、きっと。若いお兄ちゃんでしたよ。(口論したとき)近くで見ると。Engeneering DeptはUnder, Graguate and Lecturerも入った混成チームだって誰かが行っていました。

F words を連発してましたが、個人的にはあれくらい元気があってもいいのかもしれないと思いました。(といいつつその場ではキレ掛かっていた一人でしたが。。。)
Posted by tK at 2006年10月24日 10:41
混合チームだったんですか。道理でDFに爺ちゃんっぽい人もいたわけですね。あのGKは是非もっと大人になってもらいたいところです。あの行為は小学生そのものでしたからね。これからもこういう試合が続くのでしょうからめげずに頑張りましょう。。。
Posted by kensuke at 2006年10月24日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25988404
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。