2006年12月23日

Misty Days

Mathematical Bridge

旅行から帰ってきたらCambridgeはいつの間にやらすごい天気になっていました。日中ずーっと霧に包まれているのです。今年はそれでも天候に恵まれ、晴れの日が例年より多かったみたいですが、どうやらそれもここまでのようです。日照時間はわずか7,8時間、その間はずっと霧の中、それ以外はずっと真っ暗という日がこれからしばらく続くみたいです。曇っている分気温もぐっと下がり、ダウンジャケットを着ていても寒いくらいです。かなりdepressingで何もする気が起きなくなりますが当面は我慢するしかなさそうです。

River Cam in the mist

ちなみにこれらの写真は早朝に撮ったものとかではありません。これでも昼の1時なのです。今から春が待ち遠しいです・・・。
posted by kensuke at 01:27| Comment(3) | TrackBack(0) | Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おれもビックラこいただすよ。
戻ってきたら、あれここって冷凍マグロの倉庫?みたいな(ごめん、行ったこと無いけど)霧と霜と氷と暗さ!
まさか全球凍結(アイスボール理論)が始まったなんてことは?!いやしかし温暖化による気候変動はカトリーナに見られる巨大台風を頻繁に発生さ(中略)メリークリスマス!
Posted by しげ at 2006年12月24日 08:37
こんにちは、はじめまして。

美しい写真にうっとりとしています。

この秋にケンブリッジにて、日本刺繍の展示会を開く予定で、今ケンブリッジのこと、知りたくて色々と巡っています。(WEB上を)

しげちんさん(mixiでのHNです)にこちらを紹介していただきました。またお邪魔します。
Posted by nobue at 2007年02月23日 23:44
>nobueさん

初めまして、書き込みありがとうございます。こちらで展示会を開かれるのですか。もしかして嘉悦センターとかででしょうか?現地の方々も喜ばれると思います。日本刺繍のすばらしさをガツンと伝えてやってください!応援しております。もしまだ私がこちらにいる間に行われるものでしたら是非お邪魔させていただきたいと思います。
Posted by kensuke at 2007年02月24日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。