2007年02月01日

Global Marketing

Sunset in Grantcheter

今日は自分が選択していたGlobal Marketingのelectiveが始まりました。この授業の講師のDr.Eは非常に"culturally offending"でcontroversialなコメントをよくする方で、Michaelmas TermのMarketingの授業の時も一部生徒からクレームが入っていたほどでしたが、今日の授業を聞いているとそんな事にとらわれていては駄目なんだな、ということをつくづく感じさせられました。特に"Global" Marketingとなると国境を超えた戦略となるので文化なり風習なりでoffendされることはしょっちゅうで(その逆もまたしかり)、それが駄目ならマーケターにはなれない、というわけです。

今日のセッションはこれから始まるイントロという感じでしたのであまり踏み込んだことは一切やりませんでしたが、think out of the box → forget what's inside the box とか、always challenge your underlying assumptions(クリティカル・シンキングの一環ですが)、その他Complex thinking、Cultural thinkingなど、グローバル・マーケターとして必要なマインドセットみたいなのを紹介しており、なかなか興味深かったです。この科目がこれからどれくらい負荷がかかってくるのかはわかりませんが、内容に関しては楽しみに出来そうです(授業もかなりentertainingで、クラスも常に笑いの渦に包まれていました)。

この科目はelectiveなのでわずか3単位(通常は4〜6単位)、Class Participationが20%(発言も数より内容重視)、グループプレゼン30%、個人アサインメント50%という評価方法らしいです。
posted by kensuke at 09:56| Comment(3) | TrackBack(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年もE先生の評判については好不評に分かれました。学生に突っ込まれるとむきになって説き伏せようとする傾向があるので、欧米の学生には権威主義的に見えたのだ思います。

でも私は大変いい先生だと思いますし、Marketingは1学期で最も楽しい授業でした。(その割にはテストはイマイチでしたが)

去年はsabbaticalかなんかでE先生のElectiveがなかったので、kensukeさんがうらやましいです。今後のエントリーで授業のことを教えてください。(どんなケースをやったとか、どんなフレームワークを使ったとか)
Posted by y-46 at 2007年02月01日 23:39
ひさびさ。最近はAsian mktからの集客も強化しようとしているのでGlobal MKG授業の内容は興味ありマス。帰ってきたら聞かせてください。MBAでやったこと、かなり仕事に活かせていますよ。
Posted by ごういちろう at 2007年02月02日 01:00
>y-46さん

そうですね、E先生はチャレンジングなことを言う割に、生徒にチャレンジされるのを嫌うってことで、そのあたりでも評価が大きく分かれていました。個人的には私もこの先生は好きです。とてもシャープですし。出来る限りこの科目の内容をお伝えするようにしたいと思います。

>ごういちろうさん

おひさしぶり。ブログたまに見せてもらってるけど相変わらず頑張ってるね!事業が成功することを祈っております。実のあることを伝えられるようきっちり習ったことを頭に詰め込んでおきます。
Posted by kensuke at 2007年02月02日 10:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32554859
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。