2006年07月22日

Cambridge MBA ranked 1st in the UK

久しぶりにJudgeのウェブサイトをのぞきに行ったらこんな記事が。

Cambridge MBA ranked 1st in the UK
http://www.jbs.cam.ac.uk/news/items/0509_rankings.html

エコノミスト インテリジェンス ユニット(EIU)とは、英国エコノミストグループの調査機関らしいのですが、そこのMBAのランキングによると、CambridgeがUKでは一番とランクされていたみたいです。

http://mba.eiu.com/index.asp?layout=2002rankings

学校関係者があまりランキング対策とかのマーケティング的な方に力を入れていなかったせいもあると聞いたこともありますが、Cambridgeはreputationの割には?ランキングは結構低かったりしていたので(特にFTのランキングとか)ちょっとうれしいニュースだったりします。とはいえ9月からINSEADから来る方がDirectorとなり、このあたりのアプローチも変わってくるかもしれないとも聞いていますが。

もちろん一番大切なのはプログラムの中身や自分が何を得られるか、なので、ランキングが良かったからどうって事はないのですが、質の高い良い生徒を安定的に集めるには、学校としてはやはりこういうところでは高いところに名前を連ねておく必要はあるでしょう。今後Cambridgeのランキングがどうなるか静かに見守っていきたいと思います。
posted by kensuke at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

HSBCローン

学校の担当者のレスが遅い、カレッジと学校の対応がconsistentじゃない、などの障壁にあったことをこれまでに書いてきましたが、どうやらこれは広範囲で起きている問題みたいです。MBA2006-2007のメーリングリストがあり、そこにはかなりの数のメールが毎日やりとりされていますが、今一番ホットな話題になっているのがこれらの問題。怒りをぶちまけている人もいれば、忙しいから仕方ないのでは?と擁護する人もいたり。そんな中でもっとも深刻な問題となっているみたいなのがHSBCローン。自分はapplyしませんでしたが、した人たちの間では、もう2ヶ月も返事がない、どうなってるんだ、担当者はかなり使えないらしい、みんなでレスを待っている人のリストを作ってまとめて送りつけよう、という勢いで盛り上がっています。

HSBCローンと言えばこんな情報が入ってきました。これは来年以降出願してこのローンを当てにしてる海外留学生にとっては大打撃でしょう。というより実質ほとんどの人にとってもう利用は無理なのでは?留学で初めてイギリスに来て、終わったらすぐ自分の国に帰る、別の国で働く、なんて人は完全にアウトですね。なぜこのような措置を取ってしまったのでしょうか。残念な方向性です。


以下抜粋ご参考まで。
-----------------

The bank informed us that the HSBC is bringing its operation in compliance with the FSA regulations and, as a result, they are changing the conditions of the loan scheme. The changes in the loan scheme will take effect from September 2006 (for September 2007 entry), therefore all applications received for September 2006 entry will still be considered under the existing scheme.

For applicants who apply for the HSBC MBA loan for September 2007 entry there are two new conditions that we are currently aware of. The new conditions particularly affect international students.

1. Applicants must have been resident and working in the UK for 3 years prior to the loan application and therefore have a credit history in the UK.

2. Applicants must have no visa restriction on their stay in the UK and be able to demonstrate that they will be resident in the UK for the time the loan is outstanding (i.e., the pay-back period).

If you are intending to apply for a HSBC loan for September 2006 entry, please submit your application as quickly as possible. If you are an international student, please do not apply for more than £10,000 as advised.
posted by kensuke at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

くまのプーさん

かの有名な童話「くまのプーさん」、実はCambridgeで生まれたということを最近知ったのですが、初めて知ったときはちょっとした感動でした(笑)。正確に言うと作者のA.A.ミルンがケンブリッジ大学のトリニティカレッジ出身で、登場人物であるクリストファー・ロビンはその息子。この作品は息子のために書かれたものらしいです(後にクリストファー・ロビンもケンブリッジのトリニティに入学)。この原作、今でもトリニティカレッジで展示されているとか。

プーさんといえば今もうすぐ2歳になる娘が、ぬいぐるみを抱きかかえて「ぷーたん!」と叫んでる盛り。上の事実を知ってからは、その姿を見るたびに「うん、そうかそうか」と喜んでいる馬鹿親ぶりを発揮してます。「○○ちゃん(娘の名)はアリスよりプーさんがいいよね?」と説き伏せるように聞いてみたりもしてます(アリスはOxford生まれなもので^^;)。娘はわかってるのかわかってないのか知りませんが(まずわかってない)「うん」と小さな声で答えます。今後も継続的に「教育」していくこととしよう。
posted by kensuke at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。